スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | | |
ご報告
2011-06-14 Tue 21:08
5月31日夕方、3038グラムの男の子が産まれました。

超順調で、お気楽妊婦だったのに、
安産とは言い難いお産でした(笑)。

予定日を過ぎても子宮口は開かず、
29日、カゼをひき、
30日朝、前駆陣痛&破水で入院。夜、感染症の数値が高まる。
31日、陣痛が強まらない&子宮口2センチしか開かず促進剤投入。
感染症の数値が大幅アップ。赤ちゃんが下りてこず、
破膜&促進剤投入も、子宮口は5センチ。
このままだと、赤ちゃんにも影響が出かねないので、
帝王切開が決定。
18時44分、息子誕生。
ほっとし、思わず涙がホロリ。

執刀して下さった先生が、「残っていた羊水は(感染していて)
ドロドロでしたが、赤ちゃんは大丈夫でした」と言われ、
心底ほっとしました。
赤ちゃんの健康が一番なので、本当によかったです。

例えるなら、ランチコース、もしくは松花堂弁当みたいに、
色々ちょこちょこと経験したお産でした。

お友達は、「帝王切開って、産後も傷跡が痛いんちゃう?」
と心配してくれます。
けれど、陣痛と前駆陣痛の区別がつかない位、痛みに弱い私にとって、
陣痛の痛みに耐え抜いた自然分娩の方がすごい!って思います。


息子が産まれる前に、初めて買ったおもちゃ
148_convert_20110614205312.jpg
くまさんのオルゴール・ガラガラボール・魚のクリップ





今回もお付き合い  ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。1ポチッとお願いします     


スポンサーサイト
別窓 | ご挨拶 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| お気楽主婦の落書き帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。